2004.9.14
明らかな異常者を死刑のために普通とみなす異常


 ついに宅間が死刑に処された。私個人は死刑賛成論者である上、この事件は冤罪とは思えないこと、自分よりも明らかに無力な子供達を殺害したことから一刻も早く死刑にすべきであると思っていたので特に感慨は無い。強いて言うのであれば、人間の想像できる限り最も残酷な死刑方法が採られなかったことだけが心残りである。

 弁護側は当然のように精神異常であるから仕方が無い旨の弁護を展開していたが、これはかなり如何なものかと思われる。というのは、精神に異常があるというだけで裁判を受ける権利を奪おうとしているに相違ないためである。

 それにしても、まともなヤツはこんな事件はおこさないのは間違いない。しかし彼は彼を死刑にすべきであるという世論に押されてマトモな人間にされてしまったわけであるが、そこに現代死刑制度の矛盾が現れざるを得ない。マトモな人間はこんな事件を起こさないが、起こした奴は死刑にしたい、というならばマトモの当否に関わらず裁判をきちんと行い、死刑判決も含めてきちんと刑を執行すべきである。

 だいたい、更正を目的とした刑罰はその限界が見えている。女子高生を誘拐して連夜輪姦した挙句、拷問した結果殺害してその死体をコンクリートに詰めたクソガキは出所して暴力事件を起こしたわけだ。こういうヤツらは、治らない。治らないヤツを更正する、というのは当然矛盾であって到達し得ない。大体、こんなヤツらが出所して身近に住むと思うとぞっとする。

 そんなことは無い、彼らは贖罪して来たのであると主張するならば、そういった人が彼らを隣人として引き受けて欲しい。そしてそんな人のために敢えて書いておくと、日本の再犯率は約50%である。教育刑思想という、人間の実情に合わない制度がどれだけの失敗作なのか、これを見ても良く分かる。また、犯罪者達が裁判の場で謝罪の言葉を口にしても、奇妙なことにその言葉は被害者には向けられていない。謝罪の言葉は、裁判官に対して向けられているのである。そして、謝ってもらった裁判官はその代償として軽い刑罰を課し、その結果犯罪者は社会に復帰する。

 勿論、一部の犯罪者は反省なり更正なりして二度と犯罪を犯さないのであろうが、しかし50%は再び犯行に走るわけである。彼らが犯罪を再び起こすことができたのは、彼らを安易に塀の外に出す制度に原因を求められるはずだ。なのに、裁判官も刑務員もその責任を取らないし、とれない。

 そこで提案である。まず、日本でもスリー・ストライク法を導入する。対象となる行為を選べば問題はあるまい(罰金X円以上とか、傷害以上とか)。もう塀の外には出られない。そして、更正可能性というあるかどうかも分からない概念で犯罪者の判断をやめる。具体的には、法律に記載された刑の最長期間を短くしようとした裁判官や刑務員は、そうやって外に出た者が再度犯行を行った場合、短くした期間刑務所に入る。あるいは、再犯の罪状に応じた刑罰を受ける。責任ある法制度ができると思うのであるが、如何なものであろうか。

 重罰化は、決して反人権的な動きではない。犯罪者から一般人を守るための不可欠の措置なのだ。人権を守るのは、大事なことである。しかし、まず真っ先に守られるのは誰よりも被害者の人権である。それを忘れた人権論議など、行うべきではない。


   


検索エンジンなどから直接辿り着かれた方はこちらからお戻りください
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO